EXHIBITION

NONOTAK 
『次元 Dimension』展
EXHIBITION
NONOTAK 
『次元 Dimension』展



刺激的な都市・東京のワンシーンからインスピレーションを得て、ユニットNONOTAKが作り上げるビジュアルアートの境界を越えた『次元 Dimension』展がジャパン・ハウス サンパウロで開催される。3つの体験型インスタレーションをG階にて10月2日~2019年1月6日まで展開。
 

NONOTAKは、2011年から活動するイラストレーターのNoemi Schipfer氏と建築家兼ミュージシャンであるTakami Nakamoto氏によるアートユニット。ライブやインスタレーション、サイトスペシフィック・アート(特定の場所に合せて制作された美術作品や、その経過のこと) 、パフォーマンスを行う。様々な空間で仕立てられた作品は、アート・音・テクノロジーの斬新な組み合わせとダイナミックな表現によって、見る者の空間概念を新たなものにするだろう。伝統と新たな媒体を混成させるという、先進・革新的なユニットのパフォーマンスはまさしく日本文化へのオマージュであり、オリジナルサウンドに乗せた動きや光のムーブメントは、コンテンポラリーな詩的表現をも感じさせ、テクノロジーと建築概念が覆されるような体験となる。

 

テクノロジーアートを専門とするTHE FORCEが本展のキュレーションを担当。技術革新がアートの世界へ昇華されていくさまをインパクトある3つのインスタレーションで表現する。そのひとつ、LEDとプログラミングを活用した“Magnitude”は、体で感じるセンセーショナルな作品となるだろう。

 

また、レーザープロジェクション、鏡と音のソノリティに満ちた“Daydream V.5 Infinite”は、現実とバーチャルのつながりを示す空間の無限性・ひずみを表したインスタレーション。その空間に入ると、概念的スペースを生み出す光の層と音のエコーによって、まるで現実世界から引き離されたように感じてしまう。

 

現実世界の新たな側面を体感させるだけではなく、革新的なライティング技術を使った“Zero Point Two”も注目だ。ファイバーレーザーを活用したビジュアルと音を組み合わせたインスタレーションであり、光線がランダムに放たれ、幾何学的なかたちを無限に形成していく。 素早く四角形や丸が描かれるさまを眺めていると、尽きないイリュージョンの世界に取り込まれるようにも感じる。アートとテクノロジーの再解釈を経て、人々にインスピレーションを与えていくことがNONOTAKの使命であり、見る者と作品の関係性というものを大切にしている。

 

「NONOTAKは日本のみならず、世界のコンテンポラリーを代表するユニットである。Noemi氏とTakami氏は若手ながら音楽、建築、デザインからテクノロジーまで、様々な分野に造形が深く、言葉や国というギャップを越えて、作品と見る者の間に素晴らしい対話を生み出す。その対話を通じて、ユニバーサルかつ即自的なつながりを紡ぎ、人々を魅了するのだ」と、ジャパン・ハウス サンパウロの企画担当局長Natasha Barzaghi Geenenは述べる。

 

NONOTAKについて

Takami Nakamoto氏 と Noemi Schipfer氏のアーティストユニットであり、独自に開発した技術と従来の技術にアレンジをくわえながら作りだすユニークな作品で知られている。Forbes 2016の 「Forbes 30 Under 30 in Europe(注目の30歳未満 欧州版)」にも選出。代表的な作品に、2013年ニューヨークADC賞のPrix CubeとYoung Gunsにノミネートされた “Daydream V2” 。NONOTAKが作られた時から彼らはTate Britainのような大きい施設と協力したり、Sónar Barcelona, Sónar Istambul, TaicoClub, CTM Festival, Day For Night, Bienal da STRP, Melbourne Music Week, Festival da Luz de Jerusalém, MUTEK Montreal, MUTEK México, MUTEK Colômbia, reutilização KUwait, TodaysArt, Roppongi夜間アート, mapeamento Festival, Festival Coreia, Notte Biancaなどで作品を展開し、特に注目を浴びた作品は日本の清水寺でパフォーマンスを行った「SHIRO」である。
 

 

NONOTAK 『次元 Dimension』展


2018年10月2日(火)~ 2019年1月6日(日)

場所:
ジャパン・ハウス サンパウロ (Av. Paulista, 52) G階
開館時間:
火曜日~土曜日 10時 ~ 22時
日曜日・祝日    10時 ~ 18時
入場無料

プログラムの詳細は、公式Facebookにてご確認ください。

Facebook      www.facebook.com/JapanHouseSP/
  • 会期
  • 2018.10.02―2019.01.06
  • 火曜日~土曜日
  • 10時 ~ 22時
  • 日曜日・祝日
  • 10時 ~ 18時
  • 価格
  • 入場無料