NEWS
JAPAN HOUSE 巡回企画展 第3期の採択企画が決定
2019.5.31

ロサンゼルス、ロンドン、サンパウロのJAPAN HOUSEを巡回する展示企画の第3期として、2018年5月~2018年9月までの公募期間中に応募のあった作品の中から、外部審査員による厳正なる選考を経て、以下の1企画が選出されました。選出された企画は、2020年春より、各拠点を巡回予定です。 今回ご応募いただきました団体・個人各位には、この場をお借りして感謝申し上げます。次回の巡回展企画作品の募集につきましては、2019年6月下旬以降、当ウェブサイトにて行います。



◇窓から見える日本(仮)
企画者:一般財団法人 窓研究所



「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、窓研究所は建築、文化、芸術など、さまざまな視点から窓の新たな可能性を探究してきました。 建築批評家・五十嵐太郎氏を展示ディレクターに迎えた本展は、「窓」から見える日本の美しさをテーマに、「窓」を通じて文化や文明の中にある多様性や普遍性を伝え、日本の「窓」や世界の「窓」に新たな眼差しを向ける展覧会です。




Still from the film “ Transition of Kikugetsutei ” (2019).
Produced by the Norihito Nakatani Seminar, Waseda University. Directed by Kenji Seo.