NEWS

ジャパン・ハウス ロサンゼルス 「藤本壮介: FUTURES OF THE FUTURE」展を1月6日まで延長
2018.12.05

-100以上の建築模型を展示する北米で人気の展示会-

ロサンゼルス – 2018年12月4日 –
ご好評につき、ジャパン・ハウス ロサンゼルスは「藤本壮介: FUTURES OF THE FUTURE」展の会期を2019年1月6日まで延長します。本展では、著名な建築家である藤本壮介氏の世界各地でのプロジェクトを、100点以上の模型や大型写真を用いて紹介しています。当初、会期は12月12日までの予定でしたが、この度の延長により、ご来場の皆様には同展を引き続きお楽しみいただけます。本展示では、すでに終了したプロジェクト及び現在進行中の独創的なプロジェクトを模型で紹介する展示や未来を想像させる展示に合わせて「Architecture is Everywhere」からの作品も展示され、ポテトチップスのような日常の身の回りにあるモノの横に小型の人形を置いて作ったミニチュア模型もご覧いただけます。

2000年に自身のアトリエを開設した藤本氏は、世界各国の建築を手がけ、2014年にはウォール・ストリート・ジャーナル建築部門イノベーター賞を受賞しました。藤本氏の作品で繰り返されるテーマは「原初的な未来」。一見すると矛盾しているかのようなこのテーマは、根源的で直感的な瞬間を意味します。その瞬間が我々に人間性を取り戻させ、新たな可能性へと導くのです。ジャパン・ハウス ロサンゼルスの「藤本壮介: FUTURES OF THE FUTURE」展は、この力みなぎる体験を来場者の皆様にお届けすることを目指しています。建築の可能性にまつわる藤本氏の試行錯誤を追体験することにより、来場者自身も何らかの形で未来を思い描きたくなることでしょう。

「原初的な未来」に加え、藤本氏はさまざまな対立するコンセプトを取り上げており、そのデザインはしばしば、内と外、自然と都市、物と空間、公と私など、対立するコンセプトの並置を特徴としています。思いがけない遷移を表現する藤本氏のプロジェクトに、「Museum in the Forest」(台湾、桃園県、2013年)があります。そこでは、青々と繁った森からつながる通路が、来館者をギャラリーの白い壁へと誘います。また、「Toilet in Nature」(日本、千葉県、2012年)では、公と私が当たり前のように混在しています。

藤本氏の代表作「サーペンタイン・パビリオン」(イギリス、ロンドン、2013年)では、ハードエッジの白いポールが、機械的でありつつも自然な形でロンドンの公園に据えられています。これは、モノが空間となる時のマクロとミクロを検証する作品で、風景の一部でありながら、什器としての役割も果たし、同時に空間を作る建物としても存在しています。

本展では「Architecture is Everywhere」の作品も複数展示されます。このシリーズは、身の回りにあるモノの横に小型の人形を置いて作ったミニチュア模型の展示です。この風変わりなインスタレーションは、建築というものが、意図を持って作られる以前にどのように認識されるべきか(時には偶然に)、をテーマにしています。

「藤本壮介: FUTURES OF THE FUTURE」 展 は、東京のTOTOギャラリー・間(東京)の協力、及びANAの協賛のもと、開催いたします。入場無料。


ジャパン・ハウスについて

ジャパン・ハウスは、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの3都市を拠点とする、外務省による革新的な世界的プロジェクトです。原研哉氏が総合プロデューサーを務め、国際社会における対日理解と認識の深化を目指しています。ジャパン・ハウス ロサンゼルスはハリウッド&ハイランド内の2つのフロアに位置しており、2階はギャラリーとショップ、5階は日本食レストラン、ライブラリー、イベント・スペースから構成されています。また5階からは、ハリウッドやロサンゼルスの街並みを一望することができます。2017年12月に2階フロアがオープンし、その後5階フロアの完成により、2018年8月に全館オープンを迎えました。日本のすばらしさを体感できる、物理的・概念的境界を越えた新しい気づきの場、それがジャパン・ハウスです。

TOTOギャラリー・間(ま)について

TOTOギャラリー・間(ま)は、1985年、東京に設立されました。建築とデザインの専門ギャラリーとして、衛生設備及び水まわり設備を製造する日本の大手メーカーTOTOが運営しています。建築家・デザイナー「個人」がもつ思想や価値観を表現する場として、豊かな光を放つ出展者一人ひとりのメッセージを、時代を越えて発信していくことを目指しています。ギャラリーの名前は、人間・時間・空間それぞれの間合いという、日本特有の概念を表象する「間」の一字を取ったものです。詳細情報はこちら https://jp.toto.com/gallerma/index_e.htm をご覧ください。

TOTOについて

TOTO USAは、TOTOグローバル・グループのアメリカ部門。TOTO株式会社は、1917年に北九州市で設立されました世界最大の水まわり設備メーカーで、年間売上高は49億ドルに上ります。100年以上にわたり、TOTOは、水まわりを中心に、生活文化をより豊かなものにする製品展開により、革新、技術、パフォーマンス、デザインにおける業界のリーダーとして認められてきました。研究開発に特化した3つの施設を有し、環境に配慮しつつも、快適さ、美しさ、そして機能性への人々のニーズを満たす製品を生み出しています。国内外で数々の賞を受賞しており、米国環境保護庁からWater Efficiency Leader賞を受賞した唯一の水まわり設備メーカーとなっています。詳細は以下のウェブサイトまたはお電話でお問い合わせください。
www.totousa.com 1.888.295.8134 オプション5