EXHIBITION

JAPAN 47 ARTISANS
日本の47人の手から生まれる、クラフトの今とその土地らしさ

EXHIBITION

JAPAN 47 ARTISANS
日本の47人の手から生まれる、クラフトの今とその土地らしさ
Japan 47 Artisans

ジャパン・ハウス ロサンゼルスは、若手作家の作品を通して日本の伝統とクラフトの幅広さを探求する「JAPAN 47 ARTISANS」展を開催いたします。

日本の47都道府県にはそれぞれ独自の歴史や風土、その土地らしさがあり、岩手県の漆器から岡山県の木工まで、全国でユニークなクラフトが生み出されています。職人技によって作り出されるこれらの伝統工芸は何世紀も前から存在し、時代とともに美しく、使いやすく、持続可能なものへと変化してきました。

ナガオカケンメイ氏により創設されたデザインスタジオD&DEPARTMENTは、この幅広い日本のクラフトからインスピレーションを得て活動しています。ナガオカ氏は「ロングライフデザイン」をテーマに、47都道府県の伝統、個性、デザイン、商品に焦点を当てます。東京都渋谷区にあるミュージアム、ショップ、食堂からなるd47をはじめ、日本各地で行っている活動を通して、D&DEPARTMENTは各都道府県の多種多様なクラフトと、若手作家たちによる取り組みを紹介しています。

本展では、D&DEPARTMENTが各県から選んだ47人の若いクラフト作家たちによる、地元の伝統工芸に新鮮なひねりを加えた作品を展示します。高知県の四代目土佐和紙手漉き職人である森澤真紀氏のように、祖母から技術を学んで先祖代々の伝統を受け継いでいる人もいれば、身近で楽しい漆器作りを目指している岩手県の田代淳氏のように、一般市民に技法を分かりやすく説明することで革新を試みている人もいます。各作家がクラフトの今と未来に命を吹き込んでいるのです。

47人の作品を通して、各都道府県の豊かな個性と文化、そして日本のクラフトの今を感じていただけることでしょう。本展が、「ロングライフデザイン」を見直すきっかけとなり、息の長いデザインが私たちの生活をより良くしてくれることを考える機会となることを願っています。

関連プログラム

「JAPAN 47 ARTISANS」展関連プログラムについては、イベントページ でご案内いたします。

D&DEPARTMENTについて

2000年にデザイナーのナガオカケンメイによって創設された、「ロングライフデザイン」をテーマとするストアスタイルの活動体です。現在、日本国内外あわせて12の拠点があります。47都道府県に1か所ずつ拠点をつくりながら、物販・飲食・出版・観光などを通して、47の「個性」と「息の長い、その土地らしいデザイン」を見直し、紹介する活動を行っています。 www.d-department.com

  • 会期
  • 2019.10.30―2020.01.05
  • 月曜日~土曜日
  • 10時~20時
  • 日曜日
  • 10時~19時
  • 閉館日
  • 感謝祭(2019.11.28)
    クリスマス(2019.12.25)
  • 場所
  • ジャパン・ハウス
    2階ギャラリー
  • 価格
  • 入場無料