EVENT

Surface誌「Design Dialogue」トーク
EVENT
Surface誌「Design Dialogue」トーク

Randy Shropshire/Getty Images for Surface Media.
 

ロサンゼルスで影響力のある芸術家、コミュニティ、デザイナー、ファッション・リーダー約100人が雑誌サーフェース(Surface)誌とジャパン・ハウス ロサンゼルスが共催した名声高いデザイン・ダイアログに出席しました。このイベントは、ジャパン・ハウス・ギャラリーでの初展示会とその斬新さで知られるファッションデザイナー、ANREALAGEの創設者である森永邦彦米国のソロデビューでもありました。

同日のダイアログでは、森永とサーフェイス編集長Spencer Baileyのトークが繰り広げられました。森永が、どうファッションデザインに興味を持ち始め、そして日常生活に彼の特化したデザインを取り入れることなどが話されました。

今回の展示会「A Light Un Light」では、森永が発表した実験的な過去10年間のファッション、テクノロジー、材料科学の融合を紹介しています。作品はハリウッドのハリウッド&ハイランドセンター2に位置するジャパン・ハウス ギャラリーに展示中です。

サーフェース誌は、重要かつグローバルな現代デザインをカバーする大手アメリカの雑誌社です。同社は、建築、芸術、デザイン、ファッション、旅行の世界をカバーし、それらが現代文化によってどのように形成されているかに焦点を当てています。サーフェース誌は魅力的なビジュアル、過程や職人の技に重きを置き、読者を刺激、楽しませ、世界中のデザインの次の大きなアイデアを提案しています。

 

以下より、ハイライト・ビデオをお楽しみ頂けます。是非ご覧ください。

  • 会期
  • 2018.01.19
  • 場所
  • ハリウッド&ハイランド 5階バンテージ・ルーム