MENU
ジャパン・ハウス

INTERVIEW

マウリシオ・デ・ソウザ
play-movie
n8Qn39X1jxM
1959年の活動開始以降、そのキャラクターや物語で、多くの子供や大人を魅了する。代表作『Turma da Mônica(モニカと仲間たち)』では、作品にリアリティを持たせるため、登場人物のモニカ、マガリ、セボリーニャ、カスカオを創り出す際、自身の子供や幼少時代の友人をモデルにした。日本の漫画界の草分け的存在である手塚治虫氏と親交を持っていたことから、日本文化に強い影響を受け、日本への敬意のしるしとして日系二世のキャラクターを創作。社会問題への関心も高く、保健・医療や薬物乱用防止、環境保護に関する数多くのキャンペーンにおいて、キャラクターが使用されている。
play-movie